444) 心を豊かにする方法






[PR]



2017年02月17日(Fri)
444) 心を豊かにする方法
整心療法研究所(埼玉県上尾市・大阪市・和歌山市)のブログへようこそ。
従来型の精神分析(無意識を意識化する)を凌駕し、新しい視点から人間の精神にアプローチする方法を研究中です。

今日は≪心を豊かにする方法≫について書きます。

心が豊かになるとは、自分と対象がナルシシズムの関係の中にいること。
このように表現できると考えます。
自分と対象の間に何も介在しないこと。
自分にとって対象が自分の思う通りになる対象であること。
つまり、対象が自分を否定しないこと。
対象が自分の理想を映す鏡の役割をしてくれる関係のことです。

対象が言葉を持っていなければ、自分を否定することはありません。
動物を飼育する人が増えているのも、その現れだといえるかもしれません。
自分を必要とし、可愛がればそれに応えてくれる 存在。
そして何より「ダメ」と言わない存在。
自然も然り。
ただ存在しているだけ。
だから心が癒されると感じるのでしょう。

心が疲れたら、自然の中に身を置いてみましょう。
そして、言葉が恋しくなったら肯定してくれる人に遇いに行きましょう。
そうすれば、心が豊かになることでしょう。


   


「精神分析」は、薬物や催眠、暗示など一切使わず、相談者(クライアント)と分析家(インテグレーター)との1対1の対話や夢分析により、自分の無意識に気付き、コンプレックスを解消する信頼に基づいた方法です。
クライアントの自我は、様々な理由によって未成熟であったり、歪んでいたり、傷ついていたり、欠損していたり、不完全な状態で浮遊しています。それに確かな形と安定を与えることが精神分析(セラピー)です。その過程で、ありのままの自分でいい、自分は生きる価値があると自信を持ち、自己愛や自己決定力が高まっていくのです。
このように精神分析は、自己を知ることの喜びと成長をもたらします。インテグレーターはクライアントの援助者であり、伴走者です。また、クライアントの意志を大切にしますので、強制したり無理強いすることはありません。
自分の人生は、自分が書き換えてゆくんだ、との勇気と根気を持って歩むならば、必ず自己探求の喜びと幸せを自覚し、自らの意志で未来を切り開いていくことでしょう。




カレンダ
2017年2月
     
17
       

アーカイブ
2011年 (1)
7月 (1)
2012年 (181)
3月 (11)
4月 (5)
5月 (58)
6月 (23)
7月 (20)
8月 (14)
9月 (16)
10月 (16)
11月 (11)
12月 (7)
2013年 (43)
1月 (6)
2月 (3)
3月 (5)
4月 (5)
5月 (4)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (9)
11月 (2)
12月 (4)
2014年 (39)
1月 (5)
2月 (2)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (6)
6月 (6)
7月 (2)
8月 (5)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (1)
2015年 (25)
1月 (1)
2月 (6)
3月 (1)
4月 (3)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (3)
8月 (2)
9月 (1)
10月 (1)
11月 (2)
12月 (1)
2016年 (16)
1月 (2)
2月 (3)
4月 (2)
5月 (1)
6月 (1)
7月 (1)
8月 (2)
9月 (1)
11月 (1)
12月 (2)
2017年 (6)
1月 (2)
2月 (1)
3月 (3)

アクセスカウンタ
今日:201
昨日:384
累計:376,533